ねのやま寺報

Posts in the ご報告 category

この度の住職交代に伴い子ノ権現天龍寺のホームページを 閉じさせていただくことになりました

長年にわたりご覧いただきありがとうございました

住職交代

令和元年10月1日をもちまして当山五十一世より五十二世に住職が交代いたしましたのでご報告いたします
謹啓
皆様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます
平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます
さて私儀
この度(九月中)子ノ権現天龍寺住職を退任することになりました
入山以来四十年間(副住職二十年 住職二十年)皆様には大変お世話になり感謝申し上げます
近年の社会の目まぐるしい変化に対応できる若い感性と 気力に次代の子ノ権現興隆を託すべく 新住職には先代住職の弟子現福蔵院住職安藤亮伸に引き継いでもらいます
彼は三歳の頃より当山に親しみ 先代養母(登き子女史)より厳しい薫陶を受け成長 比叡山高校 大正大学卒業後二十数年当山に住み 執事長として経験を積み当山を熟知しております 数年前には飯能日高仏教会会長の要職を勤め広い視野を備えました 必ずや皆様のご期待に応え寺門の繁栄をもたらしてくれるものと確信しております
尚 先代の娘(私の妻)は当分の間 週二日ほど在寺しておりますので 今後とも宜しくお願い申し上げます 
皆様のご健勝をお祈り申し上げます
ありがとうございました
謹白
令和元年九月
子ノ権現天龍寺五十一代  櫛笥亮安

平成30年例大祭

 

4月10日晴天のもと、無事終了いたしました。

各方面からのお詣りの方々をはじめ、ご協力いただきました関係者の皆様に、ご報告と御礼を申し上げます

 

img_20180413145401

 

4月になると山頂駐車場のからの日の出の方角が、元旦の日の出よりだいぶ北になっていました 

東京スカイツリーよりずっと左寄りです

 

 

本堂で踊りを奉納披露、受付待ち時間に「子の山山唄」を歌ってくださった民謡の会の踊り子さんたちも、足腰守護の本尊様にご縁があるようにと、大黒柱を撫でている様子が印象的でした

img_20180413145400_001

また来年お会いしましょう

九月になりました

秋海棠の茎の紅色が一段と鮮やかさを増して、秋の気配がしてきました

9月5日発刊の読売新聞埼玉版で『山に生きる』のコーナーで子ノ権現と住職が取り上げられましたNCM_0301

四月十日 例大祭

境内には八潮ツツジが、山頂駐車場には染井吉野が咲く陽気の中、各地より多くの皆様がお参りされました 

_DSC5204

 

天候にも恵まれ、信徒総代様を始めスタッフの方々のご協力により無事終了いたしました
ありがとうございました

コカリナ演奏

6月10日開山祭には地元飯能市の市民グループによる「コカリナ」の演奏が披露されました

DSC_2043(1200×800)

「コカリナ」はこの様な木製の笛で、20年ほど前にハンガリーから日本に伝えられました

DSC_2044

恒例の故事にちなんだお粥を頂きながら、しばし優しい音色を楽しませてもらいました

灌仏会

当山では例年5月8日がの灌仏会です

DSC_1132 (800x515)

甘茶をお釈迦様の頭からかけて誕生をお祝いしお参りします

DSC_1134 (800x534)

漢方薬として販売されていますが口にする機会の少ない甘茶、
今年も皆様に準備した分をご自由に飲んで頂きました

平成27年例大祭

_DSC9432 (640x427)無事例大祭が執り行われました
四月十日は子ノ聖が化寂された日にあたります

_DSC9456 (640x427)正丸駅よりマイクロバスの無料送迎を行い、普段来山が難しい信者さんも多く参拝され御本尊様とご縁を結ばれました

_DSC9411 (640x427)講中参拝では法要後こんなひと時を楽しんでおられました

謹賀新年

gancho2015

新年あけましておめでとうございます。

先ほど、元朝護摩祈願が無事執り行われました。
事前に申し込まれた方々におかれましては、お札がお手元に届きますよう、これより配送方準備を進めております。

本年が皆様にとって幸多き年でありますよう、心より御祈念申し上げます。

 

平成二十七年 元旦

 

kaizansai2014_web3

6月10日、開山祭が無事執り行われました。

連日どしゃ降りの雨でしたが、当日、とりわけ箸立ての儀が執り行われている最中は雨もあがり、

霧が霞の中での幻想的な箸立ての儀となりました。