ねのやま寺報

Posts in the 日々のこと category

 

お彼岸に雪が降り、その後温かい日が続き一気に春がやってきました

見る見るうちに桜が開花、イベント日程が間に合わなかった「飯能春祭り」

屋台の出店が出るころは満開すぎていました

パッと咲いてパッと散る桜の潔さは日本人の好むところだそうですが、個人的にはもうちょっとスローテンポで咲いてほしかったです

今境内や参道では赤紫色のつつじと山吹の黄色が、ところどころに山桜のピンクを織り交ぜた新緑の山に映えて見ごろを迎えています

 

DSC_9855_00005

ムラサキツツジは、ミツバツツジ・ヤシオツツジなどの総称です

 

DSC_9862_00007

 

四月十日例大祭は例年通り執り行われます 多くの皆様のお詣りをお待ちしております

 

 

 

 

陽光

 

2月22日に降った雪は3センチほど積もり、その後春の日差しを浴びてすっかり解けました

でも自動車でのご登山は、気象状況で変化しますので引き続きご注意ください

 

img_20180223135900

 

 

 

 

 

福寿草

庫裡の正面、寺務所に向かって左手、ハイキングコース通路に従って建物の南側に進むと足元に早咲きのフクジュソウが見ごろを迎えています

 

img_20180121133805

一足早い春です
img_20180121133804_001

年末年始のこと

本堂や庫裡などを賑やかに彩っていたお飾りや幕を今日は元通りに戻し、お供えしていた鏡餅を降ろしました

年末からの様子をいくつかアップします

DSC_5083

川越市在住の信者様より奉納された糯米2斗4升を本尊さま及び諸仏さまにお供えするべく本年も年末に餅つきをしました
お米の蒸し具合、手水の量、つき具合によって機械でついたものとは違い、その年によって微妙に味が違います
っていうか、同じにできないです

DSC_5138_00005

今年のお餅は去年より美味しいという評判でした

謹賀新年

明けましておめでとうございます
除夜の鐘とともに新しい年が始まりました

矢部さんの元旦写真

大晦日昼頃から、小雪が舞い始めました 

しかし、天候は次第に回復し、心配していた雪は積もることもなくすっかり姿を消してしまい、

明るく大きな月と星空のもと、元朝午前1時より本堂において平成30年度「子ノ権現元朝護摩供」が滞りなく執り行われました

DSC_5304_00001

師走

今年は冬が駆け足でやってきました

早朝の吾野原木市場の霜景色です

(ヘッダーを更新しました)

 

DSC_6554

 

 

 

17km

12/2、 第15回 「奥武蔵伊豆ヶ岳クイーンズトレイルラン」が開催されました

今年から土曜日開催となり、クイーン(ソロ)とクイーン+ナイト(ペア)の部が正丸駅9:30スタート、

途中、最終給水エイド「子ノ権現」を経て、ゴールめざして17キロの山坂を走り抜けました

                                          主催:スポーツエイド・ジャパン

 

DSC_4373 (800x534)

皆さん 走るのが大好きなんですw~ 
DSC_4497 (800x600) (800x600)

笑顔が素敵ですね~

DSC_4515 (800x601) (800x601)

中にはこんな楽しみも..

DSC_4537 (800x601) (800x601)

アイアンマンとウォリーと、まだまだ楽しい人たちいっぱい見つけました

DSC_4478 (800x648) (800x648)

また来年‼
子ノ権現さまは足腰の神様ですよ~

紅葉

今年は四季がはっきりしないようですね
例年に比べ、一週間ほど紅葉が早まりました

二度にわたり季節外れの台風到来で、境内の楓はいくぶん葉が落ちてしまいましたが、
残った葉が緑から赤や黄色に色づいています
参道に入る国道沿いや正丸峠~伊豆が岳ハイキングコースからの眺めはもう少し楽しめそうです

DSC_6280 (800x533)

放送コンクール

10月28日、葛飾区より東京大吉講の皆様のお参詣がある中、地元飯能市にある聖望学園高校放送部員の生徒さん達と顧問の先生が取材撮影に来られました

DSC_5871

郷土飯能をテーマに、5分間のドキュメント作品を制作し、放送コンクールに応募するのだそうです
インタビューで様々な質問を受ける住職ですが、
『高校生の真摯な態度と真剣ななまなざしが強く印象に残った…』
とのことでした

DSC_5849

きっと素晴らしい作品ができることでしょう
応援しています

夏休み

梅雨が明けたとたんにまた梅雨入りしたかのような日々が続きました

8月に入ってからは、霧の深い日々が多かった山寺にも家族連れの子供たちの声が響き、やっと「夏休み」を感じることができました

 

(7月の中旬、当山駐車場から見た景色)

雲海中