ねのやま寺報

Posts in the 日々のこと category

茎の紅

境内の碑に「雲に濡れ秋海棠の茎の紅」とあるようにかつては当山周辺に秋海棠の群生があちこちにありました

しかし近年動物に食べられその数が激減してしまったので、プランター栽培して安全な所に置いたところ、今年は可憐な姿がよみがえりました

_DSC5216

雨にお似合い

 

梅雨明けが待ち遠しい頃、境内にはこんな花が咲きました

 

_DSC4682

雨によく似合いますね

_DSC4691

梅雨入り間近

今日から6月、10日の開山祭も近づいてきました

このころになると、例年のようにもっこくの花が、杉や檜の大木の上部の枝の分かれ目に淡いピンクの小さな花を咲かせます

 

01D56BCC-8638-45A3-998C-A953151CBCFF

一つ一つは小さいですが群生すると見事です

6824555F-A6EE-46E4-AB11-82D78C3C3FB6<

境内水屋の前や聖橋から仁王像の右側の上の方を見ると確認できます

灌仏会

風薫る5月、令和の10連休がおわり静けさが戻った中、当山では月遅れの灌仏会です

941B0E71-746C-489E-A671-E1FC11721180

 

 

47554A25-E879-441F-B985-3E80077006AC

 

 

 

子ノ権現の左側の茶店の下、崖下にシャガの群生が見られます

ちょうど劇坂を登った付近です

_DSC0529

 

本堂前の枝垂桜の満開です

_DSC0540

天才女子高生サイクルライダーのはやめが、幼くして別れた父親失踪の謎の手がかりを求め、幾多のデストライド挑戦を経ていく自転車バトルストーリー

著者竹山祐右様のサイン入りのコミック誌5巻いただきました

一気読みする面白さ、自転車の細部はもとより子ノ権現境内・劇坂がとても忠実丁寧に描かれいて、ストーリーとともに楽しませていただきました

ありがとうございました

少年画報社発行 著者竹山祐右

_DSC8825はやめブラストギア

 

建物の南に面したハイキングコースに黄金色の福寿草が今年も咲いています

(崖っぷちにつき足元にご注意ください)

IMG_6362フクジュソウ2019

満天の星空のもと、除夜の鐘の鳴り響く中新しい年平成31年の始まりです

2018-12-31本堂ー1_00001

皆様のご多幸をお祈りすべく、午前1時より元朝祈願護摩供が本堂にてとりおこなわれます

年の瀬

餅搗きをすると年の瀬を実感します

今年も川越市在住の信者様より糯米を60キロも奉納していただき、ボランティアスタッフの協力の元に、本尊様他諸仏さまにお供えする鏡餅やのし餅を、昔ながらの竈で蒸し臼と杵でに作ることができました

DSC_6142

以前は赤飯を作ったりもしましたが、この頃はタケノコのあく抜きと糯米を蒸すだけに使っている年代物の竈です

DSC_6179

杵は力ではなく重さで搗くそうですが、素人は重くてとても頭の上まで挙がりませんね

DSC_6104

手水と搗き手の絶妙なリズムが美味しさを引き出すのかもしれませんね

DSC_6120

搗いた餅を熱いうちにきれいに丸めたりのばしたりの作業は女性の出番、

DSC_6148

そして、最後にスタッフ全員で大根おろしのたっぷり入った辛味餅を大変美味しくいただきました
 感謝 感謝